WTA東レ・パンパシフィック・オープン2019 準々決勝 大坂なおみvsユリア・プティンツェワ

 

WTA東レ・パンパシフィック・オープン準々決勝、大坂なおみ(世界ランキング4位)vsユリア・プティンツェワ(カザフスタン/同36位)の一戦が2019年9月20日にITC靫テニスセンターにて開催されます。

 

大坂なおみは世界ランキング4位へ後退したものの、この大会では世界ランキング上位選手が出場していない為、大坂なおみは第1シードとなっています。

 

それでは、この対戦での勝利予想オッズを、ブックメーカーから見てみましょう。

 

ブックメーカー:bet365

 

 

オッズを見てみると、大坂なおみの勝利が1.50、ユリア・プティンツェワの勝利が2.62となっています。世界ランキングの差の割に、オッズが非常に近いことが分かります。

 

大坂なおみは初戦となった2回戦でビクトリヤ・トモバ(ブルガリア/同181位)のサーブに苦しみ、3ゲームを先取される厳しい立ち上がりとなりながらも、ストレートで勝利し準々決勝に駒を進めています。世界ランキング上位選手が軒並み出場を見合わせているこの大会で優勝し、ポイントを少しでも多く稼ぎたいところですが、準々決勝の相手は、大坂なおみにとっての「難敵」ユリア・プティンツェワとなりました。ユリア・プティンツェワとは過去3度、そのうち今シーズンには2度(ネイチャー・バレー・クラシック2回戦、ウィンブルドン1回戦)対戦していますが、いずれもストレートで敗戦しています。そして大坂なおみは、ユリア・プティンツェワ相手にまだ1セットも奪った事がありません。大坂なおみにとっては、この上なく難しい対戦相手となりました。

 

対するユリア・プティンツェワは1回戦からの出場となったこの大会でもカタリナ・カワ(ポーランド/同130位)、バルバラ・フリンク(ロシア/同149位)をあっさりと片付けて準々決勝に進出しています。勢いからすると、最も優勝に近いとも言える存在です。

 

この試合は、ユリア・プティンツェワの勝利と予想するのが妥当と言えるでしょう。