リーガ・エスパニョーラ第15節 マジョルカvsベティス

 

リーガ・エスパニョーラ第9節、マジョルカ(勝ち点14/17位)vsベティス(勝ち点16/15位)の一戦が、現地時間2019年11月30日にスペイン・マジョルカ島にあるエスタディ・デ・ソン・モイクスにて開催されます。

 

マジョルカには、レアル・マドリードからレンタル移籍中の日本代表MF久保建英が所属しています。

 

それでは、この対戦での勝利予想オッズを、ブックメーカーから見てみましょう。

 

ブックメーカー:bet365

 

 

オッズを見てみると、マジョルカの勝利が2.55、ベティスの勝利が2.75、引き分けが3.25となっています。

 

マジョルカですが、相変わらず得点力不足が深刻な状態でありますが、第13節のビジャレアル戦では久保建英のリーガ・エスパニョーラ初ゴールを含む3得点を取り、3-1で勝利しています。久保建英は直近の3試合では先発フル出場を果たしており、この試合でも先発出場が濃厚となっています。U-22日本代表では世界との差を痛感しただけに、久保建英には厳しい環境での更なるステップアップが求められます。ベティスとの対戦成績は、2001年以降に24回対戦しており、マジョルカの10勝9敗5分けとなっています(カップ戦、2部での対戦成績を含む)。

 

対するベティスはマジョルカと勝ち点差2で15位となっていますが、リーグ最多失点(24失点)となっており、守備面の再構築が急務となっています。攻撃面ではFWロレンソ・モロンが8得点(得点ランキング2位タイ)を挙げており、チームの大きな得点源となっています。また、ベテランMFホアキン・サンチェスやMFセルヒア・カナレス、今季リヨン(フランス)から加入した技巧派MFナビル・フェキルがチームの中心として活躍しており、その他にもポルトガル代表MFウイリアム・カルバーリョが所属しているなど、豊富なタレントを誇るチームとなっています。失点さえ防げれば、ゲームを作る力はあるチームではありますので、一気に順位を上げる事もできるチームです。

 

この試合はドローと予想しましょう。