イタリア・セリエA第11節 ミランvsラツィオ

 

イタリア・セリエA第11節、ミラン(勝ち点13/10位)vsラツィオ(勝ち点18/5位)の一戦が、現地時間2019年11月3日にイタリア・ミラノにあるスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ(サン・シーロ)にて開催されます。

 

ミランは成績不振によりマルコ・ジャンパオロ監督を解任し、ラツィオやインテルでも指揮を執ったステファノ・ピオリ監督が後任として第8節から指揮を執っています。ミランは第10節終了時点で既に5敗を喫しており、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を得られる4位以内に入るという目標が困難になりつつある状況です。

 

それでは、ミランvsラツィオの勝利予想オッズを、ブックメーカーから見てみましょう。

 

ブックメーカー:bet365

 

 

オッズを見てみると、ミランの勝利が3.10、ラツィオの勝利が2.40、引き分けが3.20となっています。

 

ミランは上位陣との対戦でインテル(ホームで●0-2)、ローマ(アウェーで●1-2)と、勝ち点を稼ぐ事ができていません。しかもこのラツィオ戦を皮切りに、ユヴェントス(アウェー)、ナポリ(ホーム)と上位陣との3連戦が続きます。この3連戦で最低でも勝ち点5程度を手にしないと、UEFAヨーロッパリーグ出場権が得られる6位以内に入るのも困難となってきます。ステファノ・ピオリ監督は対戦相手のラツィオでも指揮を執った事があり、コミュニケーションを重視する監督です。なかなかチームにフィットしていないFWアンテ・レヴィッチらの奮起が期待されます。

 

対するラツィオは、FWチーロ・インモービレが10試合を終えて12得点(4PK)と絶好調で、得点ランキングを独走しています。ラツィオ自体はUEFAヨーロッパリーグでは波に乗れずグループEで3位に沈んでいますが、セリエAではトリノ、フィオレンティーナと中堅どころ相手に快勝しており、調子は良好です。ただ、ラツィオはスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァではセリエAで約30年に渡り勝利できておらず、まさに「鬼門」といえるスタジアムになっています。

 

この試合はラツィオの勝利と予想するのが妥当でしょう。