リーガ・エスパニョーラ第7節 アトレチコ・マドリードvsレアル・マドリード

 

リーガ・エスパニョーラ第7節、アトレチコ・マドリード(勝ち点13/3位)vsレアル・マドリード(勝ち点14/1位)の一戦が、2019年9月28日にスペイン・マドリードにあるワンダ・メトロポリターノにて開催されます。

 

今季のリーガ・エスパニョーラはバルセロナがスタートダッシュに失敗し、マドリード勢を中心に伏兵レアル・ソシエダやアスレティック・ビルバオがリーグをリードしています。

 

それでは、この対戦での勝利予想オッズを、ブックメーカーから見てみましょう。

 

ブックメーカー:bet365

 

 

オッズを見てみると、アトレチコ・マドリードの勝利が2.30、レアル・マドリードの勝利が3.00、引き分けが3.30となっています。

 

アトレチコ・マドリードはFWアントワーヌ・グリーズマンの抜けた穴をカバーすべく、FWアルバロ・モラタをレンタルで獲得したものの、穴を埋める活躍には至っていません。6試合でわずか7得点という得点力不足ではあるものの、新加入のDFキーラン・トリッピアーを中心とした守備陣が強固なブロックを築いており、勝ち点を積み上げる事に成功しています。注目選手はFWジエゴ・コスタです。ここ近年は全盛期とは程遠いコンディションとなっていますが、更に上位を目指す上で、ジエゴ・コスタの活躍は欠かせません。

 

対するレアル・マドリードは首位を走ってはいるものの6位グラナダまで勝ち点3差となっており、1試合ごとの結果により、あっけなく首位陥落となってしまいます。FW久保建英が加入(その後、マジョルカへレンタル)した事で日本でも注目を浴びていましたが、蓋を開ければ昨季とあまり変わらぬ陣容となっています。この試合の注目選手はFWカリム・ベンゼマです。華麗なテクニックを誇る万能型FWで知られていますが、今季は既に5ゴールを挙げており、自身初のリーガ・エスパニョーラ得点王に向けて、視界は良好と言えるでしょう。

 

この試合はドローと予想するのが妥当といえるでしょう。