ブンデスリーガ第4節 RBライプツィヒvsバイエルン・ミュンヘン

 

ブンデスリーガ第4節、RBライプツィヒ(勝ち点9/1位)vsバイエルン・ミュンヘン(勝ち点7/2位)の一戦が、現地時間2019年9月14日にドイツ・ザクセン州ライプツィヒにあるレッドブル・アレナにて開催されます。

 

3試合9得点と攻撃陣が爆発しているライプツィヒと、3試合11得点と引けを取らない攻撃力を誇るバイエルン・ミュンヘンとの対戦となりました。ブンデスリーガ前半戦の行方を知る上でも重要な一戦となります。

 

それでは、この対戦での勝利予想オッズを、ブックメーカーから見てみましょう。

 

ブックメーカー:bet365

 

 

オッズを見てみると、ライプツィヒの勝利が3.80、バイエルン・ミュンヘンの勝利が1.80、引き分けが4.00となっています。

 

ライプツィヒはビッグクラブへの移籍が噂されたFWディモ・ヴェルナーの残留が大きく、3試合で既に5得点を挙げています。またFWエミル・フォースベリやFWユスフ・ポウルセンといった、これまでライプツィヒを牽引してきた攻撃陣が今年も残留している事は大きなアドバンテージといえます。守備面でもDFイブラヒマ・コナテら若手選手が順調に成長しており、穴の少ないチームに仕上がっていると言えるでしょう。

 

対するバイエルン・ミュンヘンは、長年チームを牽引してきたMFフランク・リベリーやMFアリエン・ロッベンが退団し、チーム若返りの年として総合力を疑問視される傾向にありましたが、いざ開幕してみるとMFコランタン・トリッソ等準レギュラークラスの選手が成長を見せており、またエースFWロベルト・レヴァンドフスキはティモ・ヴェルナーを上回る3試合6得点を挙げており、付け入る隙を与えていません。特に新加入のDFベンジャマン・パヴァールは、既にチームに欠かせない存在となっています。

 

この試合はドローと予想するのが妥当といえるでしょう。