ドイツ・ブンデスリーガ開幕戦 フランクフルトvsホッフェンハイム

 

ドイツ・ブンデスリーガ開幕戦、アイントラハト・フランクフルトvsTSGホッフェンハイムの一戦が、現地時間2019年8月18日にドイツ・フランクフルトにあるヴァルトシュタディオンにて開催されます。

 

昨季のブンデスリーガを8位で終え、初の欧州カップ戦出場となったUEFAヨーロッパリーグではベスト4まで進出したフランクフルトは、今季も元日本代表MF長谷部誠と、日本代表MF鎌田大地が在籍しています。今季のUEFAヨーロッパリーグ本戦出場をかけて予選を戦っており、プレーオフに勝利すれば、2年連続の本戦出場が決まります。

 

それでは、この対戦での勝利予想オッズを、ブックメーカーから見てみましょう。

 

ブックメーカー:bet365

 

 

 

オッズを見てみると、フランクフルトの勝利が2.25、ホッフェンハイムの勝利が3.00、引き分けが3.60となっています。

 

フランクフルトは、GKケヴィン・トラップが完全移籍でそのまま残留となり、MFセバスティアン・ローデを獲得するなど、積極的な補強を進めた一方で、チームの得点源であったFWリカ・ヨヴィッチがレアル・マドリード(スペイン)に移籍となったため、その穴埋めとして獲得した若きFWデヤン・ヨヴェリッチの期待が掛かります。今季も長谷部誠がキャプテンを務めます。

 

対するホッフェンハイムは昨季のブンデスリーガを9位で終えています。チームの顔として君臨しているMFフロリアン・グリッチュやチーム得点王のFWアンドレイ・クラマリッチが残留しましたが、DFニコ・シュルツをドルトムントに放出するなど、移籍市場においても多くの選手の名前が挙がっています。主力の穴埋めとしてDFコンスタンティノス・スタフィリディスらを獲得しています。残留したFW陣に昨季通りの活躍が見込めれば、欧州カップ戦出場権の獲得も夢ではありません。

 

この試合はホームのフランクフルトの勝利と予想するのが妥当といえるでしょう。