使い方

bet365のギャンブルの利用制限方法

bet365では、一定の期間賭けをできなくするいわゆる利用制限を設定することができます。

胴元であるブックメーカーには、ギャンブルの負の側面を緩和する、社会的責任が求められています。

bet365の社会的責任の取組みについて、ご紹介しましょう。

節度のある利用

bet365はユーザーに「節度のある利用」を呼びかけています。

下記の質問により、ユーザーが「節度のある利用」ができているか、自己チェックを求めています。

あなたのギャンブル節度チェック

  1. ギャンブルを収入源ではなく、娯楽の1つとして楽しんでいますか?
  2. なくなっても困らないお金を賭けていますか?
  3. ギャンブルの損失をギャンブルで取り返そうとしていませんか?
  4. プレイ時間は適度ですか?
  5. ギャンブル以外の娯楽も楽しんでいますか?
  6. 定期的にインターバルをとっていますか?
  7. 酩酊状態やうつ状態でギャンブルをしていませんか?
  8. ギャンブルに過大な時間とお金をつぎこんでいませんか?
  9. 勝率とサービスの仕組みを理解していますか?

「節度のない利用」の兆候が認められる場合、ユーザーはカスタマーサービスチームへの相談が推奨されます(24時間対応)。

bet365は、ユーザー自身に「節度」を求める一方で、その実現をサポートするため、下記のシステムを用意しています。

入金限度額の設定

ギャンブルで負けると、ついつい熱くなって、レートを上げてもうひと勝負したくなるのが人情というもの。

このようなあやまちを犯さないため、多くのユーザーは入金額に制限をもうけることで、自らの暴走を防いでいます。

入金額の制限は、24時間、7日間、30日間のいずれかの期間で設定することができます。

入金限度額を増やしたくなった場合、リクエスト後、24時間経ってからでないと、受付けてもらえません。

その頃には、賢者タイムが訪れているかもしれませんね。

プレイ時間のアラート

bet 365でのプレイ時間は、アカウントごとに記録され、プッシュ通知によるアラートを設定することができます。

アラートの受信頻度を下げたい場合は、24時間待たなければなりません。

心理チェック

下記の心理状態に陥っているときは、カスタマーサービスチームへの相談が推奨されます(24時間対応)。

  1. ギャンブルにお金を使うことに罪悪感を感じていますか?
  2. 大金を賭けないと、興奮できませんか?
  3. 負けたとき、いったんやめることができませんか?
  4. あなたの家族に迷惑をかけていませんか?
  5. 人間関係、仕事や勉強に悪影響を及ぼしていませんか?
  6. ストレスや不安などの健康上の問題を引き起こしていませんか?
  7. ギャンブルをしないとそわそわしませんか?

収支の見える化

今までギャンブルで損をした金額の合計を知ったら、あなたは卒倒するかもしれません。

bet365では、ユーザーのこれまでの勝敗と収支が完全に見える化されています。

セルフ出禁

いったんギャンブルから距離を置きたいとき、bet365のユーザーは、自分自身を「出入り禁止」処分にすることができます。

「タイムアウト」とよばれる短期間(24時間、48時間、7日間または30日間)のセルフ出禁から、長期間(6ヶ月、1年、2年、5年、無期)のセルフ出禁を行うこともできます。

自分の賭け方に制御がきかなくなったり、これ以上の負けをしたくない場合は、ぜひこの機能を使って下さい。

利用制限の設定方法

まずはトップページのServies からMembersをクリックします。

bet365のメンバーズのページに飛びますので、以下の順でクリックします。

「My Account」 ⇒ 「Responsible Gambling Controls」 ⇒ 「Self-Exclusion」

次に、期間の選択をします。

制限をかける期間を6ヶ月・1年・2年・5年の中から選びます。

どの種類の賭けに制限をかけるかを選択します。

すべての賭けの種類・スポーツ・ポーカー・カジノ・ゲーム/ビンゴ/ベガスの5種類から選択可能です。

決まったら「Continue」をクリックします。

このような画面がでたら完了です。