朝日杯FS2019 気になる出走馬の詳細は?

 

2019年に開催される平地のG1レースも残り3つ。年末のレースということもあり、来年のクラシック戦線、ひいてはニュースターの誕生を求められています。先週の阪神JF同様、牡馬にも2歳チャンピオン決定戦のレースが存在。その1つなっているのが朝日杯FSです。

 

今年の朝日杯FSは12月15日(日)の15時40分に阪神競馬場の芝コース1600mで開催。すべての2歳馬が出走可能となるレースでまさに王者の決定戦となります。

 

 2歳の牡馬による王者決定戦として位置づけられている朝日杯FS。その歴史は意外と古く、1949年に関東地区の3歳(現2歳)のチャンピオン決定戦として「朝日杯3歳S」として誕生しました。開催初期は芝1100mというスプリント戦でしたが、幾多の変更を経て1962年に芝1600mになって以来、距離の変化はなくなりました。

 

「関東の」という前置きが入っているように、当時の開催地は中山競馬場でのもの。というのも同じ内容のレースが阪神3歳Sとして用意されていたこともあり、関東馬はこちらに集まるようになっていました。しかし、中山の1600m戦は外枠が不利になるため、毎年外枠に入った馬は勝ち切ることはありませんでした。そうしたコースでの開催は2歳チャンピオン決定戦にはふさわしくないとして、14年からは阪神JFと同じ阪神競馬場の芝1600mに移行して、フラットな条件での2歳王者決定戦となりました。

 

 かつてはナリタブライアンやミホノブルボンなどの翌春のクラシックホースを輩出していましたが、そうしたスターホースは歴史を振り返ると少数派。阪神3歳Sが牝馬限定戦になってから、朝日杯の勝ち馬が翌春のクラシックホースとなったケースはわずか3例のみ。2000年以降に至っては12年の勝ち馬ロゴタイプ1頭という状態です。それを解消する意味でも阪神開催に移行しましたが、14年以降もクラシックホースは現れていません。今年の出走馬の中から来年のクラシックホースが登場するかも注目されています。

 

2歳王者が決まる一戦と言えるレースだけにどんな馬が集まるか気になりますよね? それではブックメーカーで発表されているオッズとともに注目度の高い出走馬を詳しく見ていきましょう。

 

ブックメーカーbet365

 

ブックメーカー1xbet

 

最近の朝日杯FSのトレンドとなりつつあるのがサウジアラビアRCの勝ち馬たち。特にここ2年は勝ち馬が2年連続で馬券圏内入り。そのため今年も人気に推されることは必至。1番人気にサリオスが支持されたのも頷けます。

 

もともと秋華賞4着のサラキアの半弟という良血馬で、仕上がりの早さから6月のデビュー戦でも注目を集めましたが、この時は2番人気止まり。ダービー馬レイデオロの半弟のあブロスティスモに人気を譲る形になりました。

 

ところがレースになると評価は一変。スタートから逃げたアブソルティスモを5番手から追走して直線では置き去りに。上がり3ハロンの時計は33秒1という驚異の速さでファンの度肝を抜きました。

 

その後、一旦成長を促すために放牧に出して臨んだのがサウジアラビアRC。ここではスタートからスッと番手に付けて流れに乗ると、そのまま押し切る形で2連勝。いとも簡単に重賞初制覇を成し遂げました。先行抜け出しから伸びてくる馬なので大崩れは考えにくく、さらに今回は堀宣之厩舎と好相性を誇るライアン・ムーアを鞍上に従えた一戦。もはやどんな勝ち方を見せるかが焦点と言えるでしょう。

 

サリオスに匹敵する人気を集めたのがレッドベルジュール。

 

東の代表格がサリオスならば、西のエースとなったのがこのレッドベルジュール。こちらも仕上がりが早く、6月の阪神開催のレースでデビューすると番手からうまく抜け出して勝利。1800m戦での一戦で父ディープインパクト産駒の馬が勝ったことでクラシック制覇に大きな期待が寄せられました。

 

その後、こちらも2歳G1を見据えるために選んだのがデイリー杯2歳S。夏の重賞で走ってきた馬たちが人気を集める中で、3番人気と人気面ではあまり評価されていなかった感じがしたレースで、しかもスタートでは後手を踏むというアクシデントも。これだけ見たら勝てそうもなかったのですが、最内枠から抜け出して見事に勝利。武豊騎手の好騎乗とも言えますが、馬体の成長もありスケールアップしたのは間違いないでしょう。来年のクラシックを見据える意味でもここでどんなレースを見せるか楽しみな1頭です。

 

やや離れた3番手となりましたが、タイセイビジョンもこれら2頭に次ぐ人気を集めています。

 

おそらく完成度という話で言うと、この馬が最も成長が速いと思われる1頭。なんせ夏の函館競馬でデビューしていきなり勝利すると、続く函館2歳Sでも後方から追い込んで2着。この手の馬は良血馬がデビューしだす秋になると途端に尻つぼみになるものなのですが、タイセイビジョンの場合は休み明け緒戦となった京王杯2歳Sも直線一気の末脚で勝利。これ以上の距離延長は厳しく感じられますが、鞍上にはいま最も乗りに乗っている騎手と言えるルメールを確保。それだけでも怖い存在となりました。

 

朝日杯FSは12月15日(日)の15時40分に発走予定。2歳王者そして、来年の牡馬クラシックの主役が決まる一戦となるだけにぜひ馬券を買ってみたいですね!