bet365の競馬の賭け方

こちらのページではbet365の競馬の賭け方を解説します。

 

bet365のトップページより【Horse Racing】を選択します。

以下のような画面が表示されます。

次に開催国を選択します。こちらの画面ではやっている競馬場はオーストラリア、イギリス、アイルランドが確認できます。適当にレースを選びます。

すると馬番が表示されます。

基本的に単勝(複勝)しか賭けることができません。なので、日本競馬のように三連単や枠連などの買い方は存在しません。

 

今回はこの馬に賭けてみます。

画面右上にベットスリップが表示されます。

Unit stakeは賭け金を意味します。賭けたい賭け金入力します。

 

stakeに賭けた金額が表示されます。

 

E/W(each-way)について
each-wayとは複勝を意味します。
レースの情報の画面上部にeach-wayが表示されています。

 

今回はeach-way 1/5 1-2-3と出ていますが、この意味は賭けた馬が1,2,3位以内に入れば配当の5分の1が支払われると言う意味です。

 

e/wを選択した場合には1位に賭ける分とe/wに賭ける分で合計で2回同じ賭けを行った扱いになります。

 


To Returnを選択するとどれくらい戻ってくるか確認できます。
このように入力したら

意味は以下のようになります。

  • 単勝で5倍のオッズに賭けるので1着になれば5ドルのリターン
  • 複勝で1.8倍のオッズにかけるので3位以内に入れば1.8ドルのリターン

 

賭け金を入力したら右下のplace betをクリックします。

以上で、競馬の賭け方の解説を終わります。

 

bet365では日本の競馬に賭けることができます!

 

オッズの概念が違うので、掘り出し物のお宝オッズを発見することができるかも!?

 

詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

 

bet365の日本で開催されているレース

2015年11月29日(日)ジャパンカップ GI東京競馬場にて行われます。bet365では競馬になじみがない方にもわかりやすく、ジャパンカップについてご案内します。ジャパンカップとは?ジャパンカップ(JC)は、東京競馬場の芝2400Mで施行する国際招待指定のGI競走。1975年代前半に“世界に通用する強い馬づくり”が提唱され、その一環として日本でも国際競走を施行し、外国から強豪を招待して我が国のサ...

bet365ではケンタッキーダービーに賭けることができます。ケンタッキーダービーとは?ケンタッキーダービー(Kentucky Derby)はアメリカクラシック三冠の第1冠として、ケンタッキー州ルイビルにあるチャーチルダウンズ競馬場で行われる競馬の競走である。アメリカ合衆国の競馬における3歳牡馬の最大目標でアメリカの数ある競走としても最高峰のイベントとされ、ブリーダーズカップなどを凌ぐ視聴率や観客動...

bet365では日本の天皇賞にも賭けることができます。JRAが発表しているオッズより高い場合があります。bet365のトップページより【Horse Racing】を選択します。免責事項下のほうにいくと、【International NRNB】から【The Tenno Sho】がありますのでクリックします。免責事項※開催3日前くらいから表示されます。すると天皇賞のオッズが表示されます。免責事項bet...

bet365では日本のNHKマイルカップにも賭けることができます。JRAが発表しているオッズより高い場合があります。事前にJRAのオッズを確認することをおすすめします。(JRAのオッズのほうが高いと賭ける意味がないので)bet365のトップページより【Horse Racing】を選択します。免責事項下のほうにいくとNHKマイルカップが表示されていますので、クリックします。するとオッズが表示されます...

5月1日に香港シャティン競馬場でチャンピオンズマイルが開催されます。チャンピオンズマイルとは?中華人民共和国の香港にある沙田競馬場の芝1600mで行われる競馬の競走(GI)である。1着賞金798万香港ドル=日本円で約1億1172万円今年のチャンピオンズマイルも昨年の 年度代表馬モーリス(美・堀、牡5)が参戦します。モーリスは日本の競走馬。主な勝ち鞍は2015年安田記念、マイルチャンピオンシップ、香...

メルボルンカップ (Melbourne Cup) は毎年11月の第1火曜日にオーストラリア・メルボルンのフレミントン競馬場の芝3200メートルで行われます。世界で最も荒れるレースと言われる「メルボルンカップ」。芝3200メートルのハンデ戦で、2015年は23番人気馬(単勝101倍)が優勝し、3連単は日本円にして約200万円。また、12年、13年も20番人気馬が馬券に絡むなど、大波乱決着が目立ってい...

毎年11月の第2週に行われる、ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフブリーダーズカップ・フィリー&メアターフとはブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ(Breeders Cup Filly & Mare Turf)とはアメリカ競馬の祭典であるブリーダーズカップ・ワールド・サラブレッド・チャンピオンシップで行われる3歳以上の牝馬限定のレースです。1999年に創設されたアメリカ競馬の芝の牝馬路線の...

2016年11月20日(日)、京都競馬場でマイルチャンピオンシップが開催されます。マイルチャンピオンシップとはマイルチャンピオンシップとは、JRAが主催する競馬の競走レース名で、格付けはGIである。11月中旬に京都競馬場の芝外回り1600mで争われる、秋のマイラーチャンピオン決定戦である。1984年創設。当時は中・長距離を中心としたレース体系が組まれていたが、短距離馬にも活躍できる場をという目的か...

2015年11月29日(日)ジャパンカップ GI東京競馬場にて行われます。第36回ジャパンカップ(27日・東京競馬場、G1・芝2400メートル)の出走馬17頭と枠順が24日、日本中央競馬会から発表されました。今年も外国馬3頭が参戦。G1馬5頭を含む地元日本勢。今年の春の天皇賞でG12勝目を挙げたキタサンブラックが1枠1番、昨年の有馬記念優勝ゴールドアクターは2枠3番。今年の皐月賞を制したディーマジ...

JRAの今年最初のG1であるフェブラリーステークスが19日に東京競馬場にて行われます。主役不在で混戦模様が予想されますが、今年のダートレースの主役はどの馬が担うのかが焦点となりそうです。長くダート界を引っ張ってきたホッコータルマエが引退し、一緒に盛り上げてきたコパノリッキーが凡走続きで現在のダート界には絶対的な王者がいません。王者候補の一頭であったアウォーディとアポロケンタッキーはドバイ遠征を控え...

4日にオークランドのエラズリー競馬場でニュージーランドダービーが行なわれます。ダービーはどこの国でも競馬のお祭りとして盛り上がりますが、ニュージーランドでも例に漏れず盛り上がる事でしょう。ニュージーランドと言えば競馬先進国の1つであり、日本とはシャトル種牡馬を通じて親交の深い国ではありますが、現役競走馬の遠征について話を聞くことはありません。近年は日本馬の海外遠征が盛んとなり、アメリカ、フランス、...

競馬ファンにとって3月末はドバイの季節。ドバイワールドカップデーと呼ばれるこのシリーズは1日に5つのGTレースを含む、8つの重賞が行われるという何とも華やかな日。世界中の競馬ファンの注目を一身に集めると言っても過言ではありません。そんなワールドカップデーの最大のメーンとなっているのがドバイワールドカップ。ドバイのメイダン競馬場で3月25日(日本時間3月26日)に行われるダート2000mのG1レース...

26日に芝の短距離G1高松宮記念が中京競馬場にて開催されます。今年のスプリント界を引っ張る存在はどの馬になるのか注目が集まります。昨年のスプリンターズステークスを制してG1馬となったレッドファルクスをはじめ、前走の京都牝馬ステークスで桜花賞以来の勝利を手にしたレッツゴードンキ、スプリントレースで安定した強さを見せるシュウジや上がり馬のメラグラーナなど個性的な馬が揃い楽しみな一戦となっています。今の...

4月2日、日本競馬に新たなGTレースが誕生しました。中距離のレースとして一流馬の出走が多かった大阪杯がこれまでのGUから、GTレースに昇格。4月2日(日)に阪神競馬場で15時40分よりスタートします。芝2000mのコースで春の中距離王を決めることになりました。大阪杯の歴史は意外と古く、今年で61回目を迎えます。もともとは1957年に創設されたレースで、当時から条件は今とほとんど変わらず、4歳以上の...

9日に3歳牝馬によるクラシック競争第1弾の桜花賞が阪神競馬場で行われます。今年の牝馬クラシック戦線は、ヒロイン候補が目白押しで過去最高のレベルと言われるほど評価が高い世代です。そして最強世代を引っ張る存在なのが、圧倒的1番人気が予想されるソウルスターリングです。戦績は4戦4勝無敗で2歳牝馬G1の阪神ジュベナイルフィリーズを制した馬です。血統背景も立派で、お父さんのフランケルは、現役時代ヨーロッパ最...

16日に中山競馬場にて恒例の牡馬クラシック第一弾皐月賞が開催されます。牡馬より一足早く牝馬クラシックの桜花賞が開催されましたが、史上稀にみる高レベルの中でレーヌミノルが激戦を制しています。牝馬が粒揃いなのに反して今年の牡馬はレベルが低いと言われていますが、そんな牡馬クラシックを盛り上げるべく今回の皐月賞に牝馬ファンディーナが参戦しています。ファンディーナは、栗東の高野友和厩舎所属で戦績は3戦3勝、...

古馬による3200mの長距離G1天皇賞・春が、30日に京都競馬場にて開催となります。そして今回注目すべき馬に2頭挙げたいと思います。まずはキタサンブラックです。G14勝(菊花賞、天皇賞(春)、ジャパンカップ、大阪杯)を挙げており、昨年の天皇賞・春の勝ち馬でもあります。長距離実績も抜群で、京都競馬場では3戦3勝、距離、コース実績の高さで連覇に挑みます。もう一頭はサトノダイヤモンドです。G12勝(菊花...

クイーンエリザベス2世カップとはクイーンエリザベスII世カップ(G1、芝2000m)は、香港競馬の下半期における中距離王者決定戦(香港では夏の暑さを避けるため、8月の競馬開催はなし。シーズンは9月上旬に始まり、翌年7月中旬までが一区切り)。12月に行われる香港カップ(G1、芝2000m)と4月に行われるこのレースが香港中距離路線の2本柱となっている。世界的に見てもレースのレベルは非常に高く、国際競...

春の3歳マイル王決定戦NHKマイルカップが7日に東京競馬場にて開催となります。NHKマイルカップの設立当初は、クラシックレースの出走権がなかった外国産馬に3歳限定のG1を提供しようという試みで行われました。当時は外国馬旋風吹き荒れる中で、日本の生産界にとって外国産馬は脅威だったのでしょう。結果設立から6年連続で優勝馬が外国産馬となっています。ただ2000年に入り外国産馬へのクラシックレースの門戸が...

マイル女王決定戦G1ヴィクトリアマイルが14日に東京競馬場にて開催となります。出走馬17頭を見ると昨年がG1馬7頭を含む、16頭が重賞勝ち馬だったことを考えれば少し物足りないメンバー構成と言えるかもしれませんが、G1馬3頭(ミッキークイーン、レッツゴードンキ、クイーンズリング)を含むまずまずの好メンバーが揃ったレースと言えるでしょう。では人気どころの馬をご紹介していきます。まずは、1番人気が予想さ...

21日に東京競馬場にて3歳牝馬限定のG1レース「オークス」が開催となります。オークスは日本の牝馬クラシック2冠目のレースとなります。日本では桜花賞を制した馬を桜の木になぞって「桜の女王」と呼びますが、オークスを制した馬を「樫の女王」と呼ぶのはオークスが英語で樫の木を意味するからです。世界中の3歳牝馬限定レースに「オークス」の名が広く使われるようになった背景にはイギリスダービー創設者であるエドワード...

2017年5月6日にアメリカのチャーチルダウンズ競馬場にて米ダート3冠レースの初戦ケンタッキーダービーが開催されます。昨年は日本馬のラ二が参戦したことで日本でも話題となったレースですが、残念なことに今年は日本馬の参戦はなしです。日本での盛り上がりを受けてJRA側も「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」なるケンタッキーダービー出場権獲得ポイントレースを創設。「JAPAN...

7日に香港のマイルG1チャンピオンズマイルがシャティン競馬場にて開催となります。5月7日(日曜) シャティン競馬場(香港)3歳以上 1,600m 芝・右第7レース 現地時間 16:10(日本時間 17:10)発走賞金総額 16,000,000香港ドル 1着賞金 9,120,000香港ドル免責事項昨年は日本馬のモーリスが優勝し、日本でも注目を集めたレースでしたが、今年は日本から参戦する馬はいません。...

21日にアメリカのメリーランド州ボルティモアにあるピムリコ競馬場にてG1プリークネスステークスが開催となります。プリークネスステークスはアメリカのクラシック3冠レースの2冠目となるレースで距離1900mのダート左周りで争われます。1着馬に与えられる賞金額は900,000米ドルで日本円にして約1億円となります。同じく21日に日本で開催されるG1オークスの1着賞金額が1億円なので、世界的に見てもレース...

6月11日にアメリカ3冠レースの最終戦ベルモントステークスが、ニューヨーク州のベルモントパーク競馬場にて開催となります。距離2400mのダート左回りのコースで、今年は13頭で最後の一冠を争います。そして日本から参戦のエピカリスに注目が集まりますが、前走のUAEダービー2着を最後に約3か月ぶりとなる海外レースなりますが、ダートの本場アメリカでどこまで通用するのかレースが待ち遠しいです。次にエピカリス...

芝2000mで争われるG1エクリプスステークスが7月8日にイギリスのサンダウン競馬場にて開催となります。エクリプスステークスは日本では開催時期と距離、中距離の実力馬が多く集まるレースとして英国版の宝塚記念と呼ばれます。ただし、両レースは似ている点も多いですが明確に異なる点も存在します。両レースは3歳馬の出走が可能ですが、宝塚記念には3歳馬がほとんどと言っていいほど出走する事はありません。逆にエクリ...

欧州を代表する古馬中距離戦のG1であるキングジョージ6世&クイーンエリザベスSが7月29日にイギリスのアスコット競馬場にて開催となります。キングジョージ6世&クイーンエリザベスSは日本人にお馴染みの凱旋門賞と同じくらい伝統と格式の高いレースです。過去には日本馬のシリウスシンボリ、エアシャカール、ハーツクライ、ディープブリランテが、挑みましたが、ことごとく敗れています。日本では超が付く一流馬でもなか...

真夏の欧州マイル王決定戦サセックスステークスが、イギリスのグッドウッド競馬場にて8月2日に開催となります。サセックスステークスは、日本馬のタイキシャトルが制したフランスのジャック・ル・マロワ賞と並び評される欧州最高のマイルG1レースです。歴代の優勝馬にはジャイアンツコーズウェイ、ロックオブジブラルタル、フランケルなど世代を彩る世界中に名を轟かせた名マイラー達が並びますが、近10年を見ても3歳馬が7...

27日にアイルランドのカラ競馬場にて愛2000ギニーが開催となります。愛2000ギニーは芝1600mで争われる3歳馬限定のレースです。愛2000ギニー、愛ダービー、愛セントレジャーの3レースがアイルランドの牡馬3冠レースとなりますが、愛2000ギニーは牡馬クラシックレースの第一弾レースとなります。愛2000ギニーは本場イギリスの英2000ギニーをモデルとしたレースで、世界中に2000ギニーを冠した...

秋の古馬牝馬による女王決定戦「エリザベス女王杯」が11月12日に京都競馬場にて開催されます。昨年は4歳牝馬のクイーンズリングが一昨年の惨敗のリベンジを果たし見事初G1制覇を成し遂げました。今年もクラシック路線の有力3歳馬に歴戦の古馬が入り乱れる混戦模様の戦いとなっています。では有力馬のご紹介の前に、まずはブックメーカーにてオッズを確認していきましょう。ブックメーカーbet365ヴィブロス 3.50...

短距離G1スプリンターズステークスが10月1日に中山競馬場にて開催となります。現在のスプリント路線には確固たる存在の馬がおらず混戦模様を呈していますが、どの馬が主役の座を射止めるのか注目が集まります。では有力馬をご紹介する前に、まずはブックメーカーにてオッズを確認していきましょう。ブックメーカーbet365レッドフォルクス 3.25倍、メラグラーナ 6.50倍、セイウンコウセイ 6.50倍、ダイア...

イギリスのスプリントG1ジュライカップが7月15日にニューマーケット競馬場にて開催となります。ジュライカップはヨーロッパで行われるスプリントG1の中でも最も権威の高いスプリントG1として知られており、オーストラリア、イギリス、日本、香港、アラブ首長国連邦の5か国のスプリントG1を対象とした国際シリーズレースのグローバル・スプリント・チャレンジに組み込まれているレースでもあります。グローバル・スプリ...

7日にイギリスの牝馬クラシックレース第1冠目となる英1000ギニーがニューマーケット競馬場にて行なわれます。英1000ギニーは日本の牝馬クラシック「桜花賞」のモデルとなったレースで、競馬発祥の地イギリスのレースなので影響力は凄まじく、世界中の牝馬クラシックに1000ギニーの名が使われています。例として挙げると、フランスの仏1000ギニー、アイルランドの愛1000ギニー、ドイツの独1000ギニーなど...

5月6日にイギリスのニューマーケット競馬場にて英2000ギニーが開催となります。英2000ギニーは本場イギリス競馬の牡馬クラシックレース第1冠目となるレースです。日本で言うところの皐月賞になりますが、そもそも皐月賞のモデルとなったレースが英2000ギニーとなります。同じ芝のレースですが、皐月賞は距離2000m、英2000ギニーは1600mになります。競馬発祥の地イギリスで行われるクラシックレースの...

28日にアイルランドのカラ競馬場にて愛1000ギニーが開催となります。愛1000ギニーは日本の桜花賞に充たるレースで3歳牝馬による芝1600mで争われます。今年の出走頭数は12頭とまずまずの頭数が揃い、メンバー的には1頭だけ実力が抜けた馬がいますが、それ以外は拮抗したレベルにあるので面白いレースが見れることでしょう。抜けた人気の馬とは、地元アイルランドのウィンターです。ウィンターは前走G1英100...

愛ダービーが7月1日にアイルランドのカラ競馬場にて開催となります。ダービーと言いますと各国どこのダービーも注目度の高い特別なレースとなりますが、愛ダービーとなると世界中の競馬ファンが注目するレースと言えます。ただ競馬の本場ヨーロッパの中で考えると一番注目が集まるダービーはやはり英ダービーになるでしょう。愛ダービーは仏ダービーと共に英ダービーに次ぐ注目のダービーですし、過去には愛ダービーを制した馬が...

8月26日日にアメリカのサラトガ競馬場にてトラヴァーズステークスが開催となります。トラヴァーズステークスはダート約2000mで争われ3歳馬限定のレースとなっています。日本のクラシックレースは10月に開催となる菊花賞で終了となりますが、アメリカのクラシック3冠レースは、6月に行われたベルモントステークスを最後に既に終了しています。クラシックレース終了後に3歳馬限定のG1レースがあることを不思議に思う...

5月28日に競馬の祭典日本ダービーが東京競馬場にて開催となります。混戦の牡馬クラシック戦線において今年の3歳馬の頂点はどの馬となるのか?難解レースを紐解いていきたいと思います。まずは毎年のように言われる皐月賞組と別路線組との力関係です。ダービーまでのローテーションとして王道なのが、皐月賞を経て日本ダービーへ直行の皐月賞組です。別路線組とは皐月賞に賞金不足で出られなかったり、体調が整わなかったりした...

6月4日に東京競馬場にて春のマイル王決定戦G1安田記念が開催となります。芝の1600m戦にエントリーした馬はフルゲートの18頭で全てセン・牡馬となっています。牝馬の参戦は安田記念の3週前に牝馬限定マイル戦ヴィクトリアマイルが施工されてからは消極的で、牝馬の勝利となると2009年のウォッカ以来出ていません。牝馬の場合はヴィクトリアマイルで目一杯仕上げて夏場は休養に充てるパターンと化していますが、当の...

春のグランプリレース宝塚記念が6月25日に阪神競馬場にて開催となります。宝塚記念は距離2200mの芝内回りコースで、今年の出走頭数は11頭と例年と比べてやや少ない頭数となりました。レース前にファン投票を行い、人気上位10頭に優先出走権が与えられますが、2位のサトノダイヤモンド、4位のマカヒキ、7位のディーマジェスティー、9位ヴィブロス、10位サウンズオブアースが出走を辞退。頭数、メンバー的にもやや...

8月25日にイギリスの短距離G1ナンソープステークスがヨーク競馬場にて開催となります。ナンソープステークスは芝の距離5ハロン(約1000m)で争われる直線競馬で、同じイギリスの短距離レースであるジュライカップ、スプリントカップと共にイギリス短距離3冠レースの1つに数えられます。日本で唯一の直線競馬の重賞レースであるアイビスサマーダッシュを思い浮かんでもらえればイメージしやすいでしょう。しかし、アイ...

3歳牝馬クラシック最終戦「秋華賞」が10月15日に京都競馬場にて開催となります。芝2000mで争われる同レースに最後の一冠を掛けえフルゲートの18頭がエントリーしています。春の実績馬が実力を示すのか?或いは成長著しい登り馬の台頭があるのか?興味は尽きません。有力馬のご紹介の前に、まずはブックメーカーにてオッズを確認していきましょう。ブックメーカーbet365アエロリット 4.00倍、リスグラシュー...

牡馬クラシックレースの最終戦「菊花賞」が10月22日に京都競馬場にて開催となります。一度しか出走できないクラシックレース最後の一冠をどの馬が手に入れるのか注目が集まります。日本ダービーの1.2.3着馬が揃って不出走となっており、戦前から混戦が予想されていましたが、更に人気上位馬が揃って長距離では不利となる外枠を引いたことで荒れる要素を膨むレースとなるでしょう。では有力馬のご紹介の前に、まずはブック...

伝統の古馬G1レース天皇賞・秋が10月29日に東京競馬場にて開催されます。芝2000mで争われる同レースに今年はフルゲートの18頭がエントリー、G1馬8頭を含む豪華な顔ぶれとなっています。ただ、台風22号の接近に伴い、レース当日は前日から降り続く雨の影響で馬場の悪化が懸念されます。他の競馬場よりも水捌けが良いとされる東京競馬場であっても稍重か重馬場となる事は確実視されることで波乱含みとなるのか注目...

冬のマイル王決定戦G1「マイルチャンピオンシップ」が11月19日に京都競馬場にて開催となります。昨年は勝ち馬であるミッキーアイルがゴール前で外側に大きく斜行し、後続馬4頭の進路をふさぎながらも降着処分無しのレースとなりました。ある意味歴史に残るレースとなり、JRAの降着制度の見直しを求める声が高まったレースとも言えます。現在のマイル路線には2年目のマイル王者モーリスが引退してから確固たる本命不在の...

ダート中距離G1「チャンピオンズカップ」が12月3日に中京競馬場にて開催となります。チャンピオンズカップは、元々東京競馬場と阪神競馬場で行われていた国際競争のジャパンカップダートから名前を引き継いたレースです。中京競馬場に場所と名前を変え今年で4年目となりますが、昨年同様に今年も外国馬の参戦無しと寂し限りです。東京競馬場で行われていた時は、ダートの本場アメリカ馬の参戦も多くあり、同日行われる芝のジ...

2歳牝馬チャンピオン決定戦「阪神ジュベナイルフィリーズ」が12月10日に阪神競馬場にて開催されます。昨年は1番人気のソウルスターリングが見事勝利し、その後オークスを制するなど牝馬クラシック戦線を大いに賑せてくれました。阪神ジュベナイルフィリーズの勝ち馬がソウルスターリングに限らず、来年の牝馬クラシック戦線の中心となる事は言うまでもありません。歴史的名牝のウォッカ、アパパネ、ブエナビスタ、メジロドー...

クラシックレースが開幕した日本の競馬界。その中には3歳GTも多く開催されていて、中でもNHKマイルカップというマイル王決定戦として今年で24回目の歴史を誇ります。そんなNHKマイルカップ、今年は5月5日(日)の15時40分に東京競馬場の芝1600mコースで開催されます。1996年に新設されたNHKマイルCですが、もともとはNHK杯というダービートライアルでした。このレース自体は1953年から開催さ...

5月に入ると競馬発祥の地、イギリスでもついにクラシックシーズンが開幕。前日の4日に牡馬のクラシックレース第一弾として2000ギニーが開催されましたが、翌日には牝馬版クラシックレースの第一弾、1000ギニーが開催されます。クラシックレースの模範となったこのレース、もともとは優秀な繁殖牝馬になれる競走馬を選定するために行われたのがその始まりと言われています。記念すべき最初に行われたのはなんと1814年...

日本のクラシック戦線をはじめ、海外のクラシック路線は1年単位で行うのが普通。しかし、競馬先進国の中でもアメリカだけは例外で、5月頭にケンタッキーダービーが開催されたかと思えば、夏までに3冠レースが全て終わります。クラシック第一冠目であるケンタッキーダービーが行われてからわずか2週間後にはクラシック2冠目、プリークネスSが開催されます。アメリカ牡馬クラシックの特徴はとにかくスケジュールが過密であるこ...

世界中のクラシックの基礎となったイギリスの2000ギニーが開催されて早1ヵ月。今度はイギリスの隣国であるアイルランドでもクラシックシーズンが開幕。牡馬の第1冠目として愛2000ギニーが開催される時期が迫ってきました。今年の愛2000ギニーは5月25日(土)の16時10分(日本時間:26日(日)24時10分)にアイルランドのカラ競馬場の芝1600mコースで開催されます。レース名からもわかる通り、愛2...

競馬発祥の地、イギリスでダービーが行われるなど、各国のダービーは5月から6月のアタマに行うことが大半。フランスもその例にもれず、フランスダービーとも言うべきレースのジョッケクルブ賞が間もなく開催されます。今年のジョッケクルブ賞は6月2日(日)の16時15分(日本時間:23時15分)にシャンティイ競馬場の芝コース2100mで開催されます。「ジョッケクルブ」という聞き慣れない言葉ですが、実はこれをアル...

ロジャーバローズが制したことで終わった今年の日本ダービー。春のクラシック戦線が終了したことで一息ついた感のある日本競馬ですが、まだまだ終わったわけではありません。クラシックが終了した次に主役になるのはスピード自慢の古馬たち。春のマイル王決定戦と言われる安田記念が間もなく始まります。今年の安田記念は6月2日(日)の15時40分に東京競馬場の芝コース1600mで開催されます。安田記念の名前の由来となっ...

日本ダービーが終わって早2週間。各国も春のクラシックシーズンが終わり、秋まで休養に入る馬も増えましたが、唯一、例外となるのがダート大国・アメリカ。まもなく牡馬クラシック3冠目となるベルモントSの開催が迫ってきました。今年のベルモントSは6月8日(土)の18時37分(日本時間:6月9日(日)7時37分)にベルモントパーク競馬場のダートコース2400mで開催。アメリカ国内でも例を見ないダート最長距離で...

クラシックシーズンが一区切りつき、いわゆるオフシーズンともいえる時期が近付いてきた競馬界。しかし、6月の第3週は競馬発祥の地、イギリスには特別なシーズンとなります。この時期のイギリス競馬のメインはアスコット競馬場。そこでイギリス王室が競馬を開催するいわゆる「ロイヤルアスコットミーティング」が始まります。全部で5日間の開催が行われ、その間にG1レースは8レースも組まれています。開催されるレースは様々...

クラシックシーズンが一区切りつき、いわゆるオフシーズンともいえる時期が近付いてきた競馬界。しかし、6月の第3週は競馬発祥の地、イギリスには特別なシーズンとなります。この時期のイギリス競馬のメインはアスコット競馬場。そこでイギリス王室が競馬を開催するいわゆる「ロイヤルアスコットミーティング」が始まります。全部で5日間の開催が行われ、その間にG1レースは8レースも組まれています。そのG1レースの中でも...

日本ダービーが終わり、日本の競馬もオフシーズンともいえる夏に突入。2歳の新馬たちがデビューを飾り、秋に飛躍を誓う馬たちのレースが随時開催されてきています。しかし、春シーズンの競馬を締めくくるレースはまだ行われていません。そのレースとは宝塚記念。“関西のドリームレース”と呼ばれるレースです。今年の宝塚記念は6月23日(日)の15時40分に阪神競馬場の芝コース2200mで開催。3歳以上の馬による中距離...

日本の競馬は夏がオフシーズンという認識で、一流馬は秋に向けて英気を養っていますが、欧州の競馬はむしろ今がオンシーズン。中でも夏の競馬が最もヒートアップするのがイギリス。欧州各国の春のクラシックレースが終わった後に古馬とがっぷり四つでぶつかり合うレース、キングジョージ6世&クイーンエリザベスSが間もなくに迫ってきました。今年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSは7月27日(土)の15時35分(...

8月も半ばを過ぎ、日本の競馬も秋のビッグレースに向けて徐々にトップホースたちが休養から復帰し始めました。競馬発祥の地であるイギリスもそうした傾向があり、秋のビッグレースである凱旋門賞に向けて有力馬がスタンバイを始めます。そうした有力馬たちが休み明けから戻ってくるレースの大本命とも言える、インターナショナルSが間もなく迫ってきました。今年のインターナショナルSは8月21日(水)の15時35分(日本時...

秋競馬が開幕し、盛り上がりを見せる日本競馬。世界各国の競馬も秋の大レースに向けて有力馬が徐々に復帰してくる時期ですが、夏にピークを迎えた欧州の短距離戦線はそろそろクライマックスに差し掛かってきました。中でもジュライC、ナンソープSと短距離の主要G1を終えたイギリスではそのフィナーレともいうべきレース、スプリントCの開催が近づいてきました。今年のスプリントCは9月7日(土)の14時25分(日本時間:...

秋競馬が開幕し、盛り上がりを見せる日本競馬。日を追うごとに白熱してきていますが、とうとう今週末には秋G1レースの中でもダントツの歴史を誇る天皇賞(秋)が開催。距離も手ごろで牡馬も牝馬も勝利を目指した馬たちが数多く集まってきます。今年の天皇賞(秋)は10月27日(日)の15時40分に東京競馬場の芝コース2000mで開催。3歳以上の馬が出走可能の中距離王者決定戦となります。今でこそ天皇賞(秋)は200...

秋も深まるこの時期。日本では徐々にビッグレースが行われるようになりますが、オーストラリアでも盛り上がりがピークに達します。そしてオーストラリア最大のビッグレース、メルボルンCの開催が間もなくに迫りました。今年のメルボルンCは11月5日(火)の15時(日本時間:13時)にオーストラリアの不レミントン競馬場の芝コース3200mで開催。3歳以上の馬が出走可能のオーストラリアの最強馬決定戦。オーストラリア...

12月に入り、今年の競馬界もいよいよ佳境になってきました。日本では有馬記念まで盛り上がりを見せていきますが、日本のお隣とも言える香港でもこの時期が一番熱いと言っても過言ではないでしょう。なぜなら、香港スプリントの開催が間もなくに迫っているからです。今年の香港スプリントは12月8日(日)の15時20分(日本時間:16時20分)に香港のシャティン競馬場の芝コース1200mで開催。3歳以上の馬が出走可能...

12月に入り、2019年の日本競馬界も総集編に差し掛かってきました。早くも来年のクラシック戦線のことも気になりだしましたが…そんな2020年のクラシック戦線を占ううえで重要なレース、阪神ジュべナイルフィリーズが間もなく開催を迎えます。今年の阪神ジュべナイルフィリーズは12月8日(日)の15時40分に阪神競馬場の芝コース1600mで開催。2歳の牝馬のみが出走可能となるレースでまさに2歳女王の決定戦と...