シンハン・ドンヘ・オープン2019

 

日本JGTOプロゴルフツアーのシンハン・ドンヘ・オープンが、2019年9月19日から9月22日にかけて、韓国・仁川にあるベアーズベストチェオンナGCにて開催されます。

 

シンハン・ドンヘ・オープンは韓国プロゴルフ協会(KPGA)ツアーの大会であり35年の歴史を誇る大会ですが、今年は日本JGTOプロゴルフツアー、韓国プロゴルフ協会(KPGA)ツアー、アジアンツアーの共同開催となっています。3つのツアー共同開催は初の試みであり、日韓共催という点でも初の試みとなります。日本JGTOプロゴルフツアーからは41選手が出場を予定しています。

 

それでは、シンハン・ドンヘ・オープンの優勝者オッズを、ブックメーカーから見てみましょう。

 

ブックメーカー:bet365

 

オッズを見てみると、カン・スン(韓国/世界ランキング82位)が13.00でトップとなっており、今平周吾(同80位)とジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ/同59位)が15.00、チャン・イーグン(韓国/同207位)とチャン・キム(アメリカ/同188位)、プロム・ミサーワット(タイ/同300位)が19.00で続いています。日本人選手では、星野陸也(同95位)が26.00、時松隆光(同162位)が29.00となっています。

 

日本国内の賞金ランキング争いに目を移すと、石川遼(同109位)が日本プロゴルフ選手権大会、長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップで連続優勝を果たし、一気に1位に躍り出ました。この大会にはジャズ・ジェーンワタナノンドや浅地洋佑(同178位)も出場しますので、結果次第では賞金ランキングが大きく変動する可能性があります。
この大会の注目選手は浅地洋佑です。先週に開催されたANAオープンで今季2勝目を挙げ、賞金ランキング2位に浮上しています。身長169cmと小柄な選手ではありますが、パワフルなショットが持ち味で、かつグリーン回りからのアプローチを得意としています。今シーズンは全英オープンにも初出場するなど、飛躍のシーズンを最高の成績で終えるべく少しでも2学年上の「先輩」石川遼に食らいつきたいところです。

 

この大会は、浅地洋佑の優勝と予想するのが妥当でしょう。