入金方法

bet365へ三井住友(SMBC)VISAデビットカードで入金する方法

bet365の入金方法は大きく分けると以下の3つがあります。

  • クレジット(デビット)カード
  • ecoPayz(エコペイズ)
  • AstroPay(アストロペイ)

その中から、今回はクレジット(デビット)カードを使った入金方法を解説します。

「クレジット(デビット)カード」入金とは?

まず、クレジット(デビット)カード入金の概要について解説します。

「クレジット(デビット)カード」入金の仕組み

クレジット(デビット)カードは、最も手軽な入金方法として海外ブックメーカーやオンラインカジノで利用されています。
通常クレジットカードには「キャッシング枠」と「ショッピング枠」がありますが、ブックメーカーへ入金する場合は「ショッピング」として扱われます。したがって、入金限度額は使用するカードのショッピング利用可能枠(限度額)の範囲内になります。
一方、デビットカードで入金する場合は、入金手続きと同時にカードに紐付けされた銀行口座の残高からリアルタイムで引き落とされるので、入金限度額=銀行口座の残高になります。

「クレジット(デビット)カード」の入金手数料と反映時間

クレジットカードで入金する場合、ブックメーカーによっては2~5%程度の手数料を取るところありますが、bet365ではクレジットカード入金の手数料は無料です。また、入金はカード決済の手続きが完了すると残高へ即時反映されます。
賭けたい試合が見つかり「すぐに入金してベットしたい。」という時には、カード入金のスピードは大きなメリットになります。

bet365の入金手段別の手数料・必要な作業・反映時間
入金方法 手数料 反映時間 必要な作業
クレジット(デビット)カード 無料 即時 必要なし
ecoPayz(エコペイズ) 無料 即時 口座へ入金額をチャージする
AstroPay(アストロペイ) 無料 即時 口座へ入金額をチャージする

カードは最低入金額と月額入金上限額に制限あり

クレジット(デビット)カードでbet365へ入金する場合、1回の最低入金額は700円です。それ以下の金額を入金しようとすると、エラー表示が出て入金できません。700円以下の金額をカードで入金する人は少ないと思いますが、ご注意ください。
また、月額の入金上限額にも制限があります。現在は、入金額の上限は3,000,000円となっています。上限を超える金額を入金したい場合はecoPayz(エコペイズ)、AstroPay(アストロペイ)など他の入金方法の利用が必要です。

bet365で「デビットカード」を利用するメリット・デメリット

bet365でデビットカードを利用して入金する際のメリットとデメリットをまとめました。

「デビットカード」を利用するメリット

まず、デビットカードで入金するメリットです。

入金手数料がかからない

海外ブックメーカーの中には、デビットカードで入金する際に手数料を取るサイトがありますが、bet365は手数料が無料です。また、エコペイズはbet365への入金手数料は無料ですが、エコペイズの口座へ入金する場合には5%の手数料がかかります。金額が大きくなると手数料もそれなりにかかりますから、カード入金の手数料無料は大きなメリットといえます。

すぐに入金できる

bet365では、日本時間の夕方~深夜にかけて多くの試合が行われることが多いのですが、デビットカードならスピーディな入金が可能です。エコペイズやアストロペイだと、深夜や土日祝日に銀行振込で入金してもすぐに口座に反映されない可能性が高いため、賭けたい試合に間に合わないことが多くなってしまいます。

「デビットカード」を利用するデメリット

デビットカードを利用するデメリットには、以下のようなものがあります。

利用できるデビットカードが少ない

日本で発行されたデビットカードは、海外ギャンブルサイトへの入金が禁止されている場合が多く、bet365ではほとんど利用できません。後ほど詳しく解説しますが、現在は三井住友(SMBC)VISAデビットカードがもっとも多く利用されています。bet365へデビットカードで入金したい方は、口座開設・カード発行の手間はかかりますが、三井住友VISAデビットカードを作ることをおすすめします。

出金に時間がかかる

デビットカードで入金した場合、カードへ引き出すことができないので出金方法は銀行送金になります。海外からの送金になるので、手数料が約3,000~5,000円ほどかかります。さらに、銀行によって着金までの日時が変わる点と、銀行側で受け取り拒否されるとbet365へ返金されてしまうケースもある点がデメリットです。

bet365でカード入金する際のデメリット

bet365でカード入金する際には、以下のデメリットがあります。

bet365の口座名義と異なる名義のカードは使えない

bet365ではカードの不正利用などの犯罪を防ぐため、サイトへ登録した名義と異なる名義のカードは使えません。使えないだけでなく、bet365自体のアカウントも凍結される可能性があります。必ず、bet365の口座名義と同じ名義のカードを使用してください。

bet365に使えるカードブランドは「VISA」のみ

bet365の入金では、「VISA」のみ利用可能です。MasterCard、JCB、AMEXなどは利用できないのでご注意ください。

「デビットカード」で入金できない原因

デビットカードでbet365へ入金できない場合は、以下の原因に当てはまっている可能性が高いのでご確認ください。

bet365で使えるカードブランドではない

bet365の入金では、VISAのデビットカードのみ利用可能です。MasterCard、JCB、AMEXなどは利用できないのでご注意ください。

カードの利用限度額の超過や残高不足

デビットカードは、入金時に紐付けしている銀行口座の残高から自動的に引き落とされる仕組みになっています。そのため、クレジットカードと違い残高以上の金額を入金することはできません。bet365の通貨をドルにしている場合は、為替レートを確認して残高以上を入金しようとしていないか確認してみてください。
また、デビットカードによっては利用限度額が予め設定されている可能性があります。限度額は、カード発行元のウェブサイトで確認・変更が可能ですから、心当たりがある場合は確認してみましょう。すでに限度額に達していたら、変更して再度入金を試してみてください。

カードの有効期限が切れている

デビットカードは、クレジットカードと同様に有効期限があります。長年使っていると、いつの間にか有効期限が過ぎていたという可能性も考えられます。また、ブラウザの設定によっては別のカード情報がそのまま残っていることがありますので、気付かずに間違ったカード情報を入力していたかもしれません。カードで入金する際は、カード番号、名義だけでなく有効期限も必ず確認するようにしましょう。

カード会社の制限

デビットカードで入金できない原因で、一番多いのがこれです。発行元が日本のデビットカードは、海外ギャンブルサイトへの入金を禁止していることが多いため、ほとんどのデビットカードが使えません。
現時点では、三井住友(SMBC)VISAデビットカードならbet365の入金に利用できます。次の章では、三井住友VISAデビットカードの口座開設とVISAデビットカードの発行手順を解説します。

三井住友(SMBC)VISAデビットカードについて

現在、日本で発行されたクレジットカードはbet365ではほとんど利用できません。

現時点では、三井住友(SMBC)VISAデビットカードであれば利用できます。

三井住友VISAデビットカードで入金した場合、出金方法は銀行振込です。

bet365では、三井住友VISAデビットでの入金が可能です。
三井住友銀行の口座開設方法から、Bet365への入金までの解説をします。

三井住友(SMBC)VISAデビットカードの申請方法

三井住友(SMBC)VISAデビットカードの申請方法を解説します。

ステップ1

サイトトップページへ移動し、口座をもっている人は左、持っていない人は右からカードを発行します。
bet365

ステップ2

本人確認書類をアップロードします。
本人確認書類は、以下の中から2種類が必要です。

  • 運転免許証、運転履歴証明書
  • マイナンバーカード
  • パスポート(日本)
  • 健康保険証、住民基本台帳カード、年金手帳のいずれか

このように、サイト内から簡単にアップロードできます。
bet365

ステップ3

その後は、ナビゲーションにしたがって名前・住所・電話番号などを入力していくのですが、注意点があります。
口座開設をすると、デビットカードは自動的についてきますので、クレジットカードの発行画面では必ず「今は申し込まない」を選んで下さい。
クレジットカードを作ると、年会費がかかります。(デビットカードは年会費無料です。)

ステップ4

申込みが完了すると、登録したメールアドレスへ口座開設完了メールが届いています。
bet365

1~2週間ほどで、デビット機能付のキャッシュカードが届きます。

三井住友(SMBC)VISAデビットカードの最低/最高入金額と入金手数料

入金手段 最低入金額 最高入金額 入金手数料
三井住友(SMBC)VISAデビットカード 700円 300万円 無料

bet365の口座へ「デビットカード」を利用し入金する手順

三井住友(SMBC)VISAデビットカードをすでに持っていることを前提に、入金手順について解説します。

三井住友(SMBC)VISAデビットカード発行および口座開設に関する詳細は、三井住友の公式サイトでご確認ください。

「Deposit」を押して入金画面を開く

bet365にログインをしたら、トップページの右上にある「Deposit」を押して入金画面を開きます。

Credit/Debit cardを選択して入金額を入力

Payment Method Credit/Debit cardを選択する
Betting Currency Japanese Yen(JPY) 日本円のままにする
Card number カード番号を入力する
Name on card カード名義人を入力する(例:Tarou Yamada)
Expiry date 有効期限(MM:月、YY:日)を選択する
cv2 カード裏面にある3桁のセキュリティコードを入力する
Deposit amount JPY 入金額を入力する

入金完了

Time period 再入金までの期間を選択する
(24時間、7日間、30日、リミットなしの中から選ぶ)
Amount in JPY 入金の限度額を選択する
(基本的に「No Limit」の選択でOK)
Acknowledge and deposit 押して入金完了

以上で入金手続きは完了です。

bet365「デビットカード」入金 – よくある質問(FAQ)

ここでは、bet365のデビットカード入金で良くある質問をまとめました。

JCB、MasterCardで入金する方法はありませんか?

bet365で利用できるデビットカードのブランドはVISAのみです。他のブランドは利用できません。

カード情報入力画面の「Card Security Number」とは何ですか?

「Card Security Number」とは、カード裏面の署名欄右上に記載されている3桁の番号のことです。3桁以上の数字が記載されている場合は、右側の3桁の数字を入力してください。カードの種類によって、CVV、CVCと呼ばれています。

入金手続きが完了したら、どれぐらいの時間で残高に反映されますか?

bet365のカード入金では、手続きが完了したら即時残高に反映されます。また、銀行振込と違い24時間いつでも入金が可能です。

デビットカードの事前登録は必要ですか?

いいえ。bet365ではカードの事前登録は必要ありません。また入金時にカード情報は自動的に保存されますので、同じカードを使って2回目以降の入金を行う際はセキュリティ番号(Card Security Number)を入力するだけでご利用いただけます。