使い方

bet365の規制や凍結の原因|規制されてしまったときの解除や対策を一挙公開!

bet365にはマックスベット規制低オッズ規制)キャッシュアウト規制など様々な規制があります。

bet365(運営側)は健全にスポーツベッティングをエンターテインメントとして提供しています。そのため、不正を行ってお金をだまし取ろうとするユーザーを歓迎しません。

またbet365は、ギャンブル依存症予防に力を注いでいるので、節度ある利用をしてくれるユーザーを好みます。

規制や凍結は、bet365に適さないユーザーを取り締まるためのものです。

こちらのページでは規制に合わないように回避する対策や規制されたときの解除方法などを詳しく解説しています。

  • bet365の規制と凍結の種類
  • bet365の規制や凍結にあう原因
  • bet365の規制や凍結に合わないために
当たり前のように思えるけど、ログインできなかったら別アカウント作っちゃうかも。
忘れないようにUsernameやPasswordを忘れないようにメモしておきます!
ギャンブルとしてではなく、投資として利用しているからこそ冷静に利用することが大事ってことですね。

bet365の規制と凍結について

bet365には、ベット規制と凍結の2種類がありますが意味は全くことなります。規制はイエローカード、凍結は一発退場のレッドカードのようなイメージです。

  • 規制・・・賭ける際に制限がかかってしまうこと
  • 凍結・・・アカウント自体凍結され出金もできないこと

それぞれの違いについて解説します。

低ベット規制(マックスベット規制)

bet365 規制

低ベット規制とは1.001倍などの低いオッズばかりを狙い大きな金額を賭けたりすることであう規制のことです。低オッズ規制にあうと、ベットに上限がかかってしまい、ベットの上限が低く設定されてしまいます。最大(限度)の賭けに上限がかかるためマックスベット規制とも呼ばれます。

例えば今までは一回のベットで500ドルを賭けることができたのに、突然、最大でも10ドルまでしか賭けられなくなるといったことです。

これは悪いことをする「危険ユーザーに稼がせない」といった理由でbet365側のルールに基づきます。

マックスベット規制になった場合、そのアカウントでは解除することはできません。アカウントに残っている資金は出金することはできます。bet365は一度規制を行ったアカウントに対して規制を解くことはありません。

マックスベット規制に引っかかる明確な判断基準は公式には発表されていません。

マックスベット額を確認したい場合には、『Bet Slip』画面の『Bet Max』を押してください。

こちらのベットでは1回1,500ドルまでOKということになります。

キャッシュアウト規制(キャッシュアウトロック)

bet365 評価

キャッシュアウト規制とは、上図のようにキャッシュアウトに関しての規制がかかることです。キャッシュアウトができないからと言って、規制にかかったわけではありません。

bet365では、全ての試合でキャッシュアウトできる訳ではありません。

  • 試合のポイント(点数)が審判の目で判断出来ない時
  • 試合の決着がつきそうな時
  • 一時的にベットする人が急増したとき

上記の場合は、キャッシュアウトロック(一時的なロック)なので、しばらくすればロックは解除されます。

bet365ほとんどの試合でキャッシュアウトはできますが、上記のような場合出来ない事もあります。キャッシュアウト規制になる場合は、低オッズ規制にかかった可能性があります。低オッズ規制にあうとキャッシュアウト自体できなくなりますので注意が必要です。

アカウントの凍結

アカウントの凍結とはアカウントそのものが凍結されてしまう一番重い制裁のことです。アカウントが凍結されてしまうと、元に戻すことはほぼ不可能と言われています。

アカウントがまったく使えなくなった場合には、諦めて他のブックメーカーを利用するしか方法はありません。

bet365の規制やアカウント凍結にあう原因

bet365の規制にあうと色々と不都合です。最悪アカウントが凍結されるとアカウント内から資金を引き出せなくなることです。

ブックメーカー投資をしている方にとって、アカウント凍結は死活問題。

ブクメちゃん
ブクメちゃん
え!そんなことがあるんですか?凍結されたらお金を増やせないってことですよね?

その通り。一度凍結されしまうと解除させることは困難なので、再開できない可能性もあるから絶対に避けなくてはいけない。

bet365には不正利用特定の為に専門のセキュリティ部署が存在し、その部署が24時間体制で監視を行っています。セキュリティ部門ではユーザー側で規制の対策を取らせないため、具体的に対策は発表されていません。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
規制や凍結の理由を公表してしまうと、『この方法では不正はできませんよ』という、いわば不正に対しての答えを教えてしまうことになり、別の方法で不正を働こうという対策をとられてしまうからです。
ブクメちゃん
ブクメちゃん
トップシークレットなんだね!でもユーザーとしてはどうすればいいの?普通にプレイしていて大丈夫?
トウシくん
トウシくん
完全な対策は不可能ですが、過去の統計でどういった場合に規制にかかるかはだいたいわかっている為、そこに対策は取ることが可能です。
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
現状、bet365から具体的な条件は開示されていませんが、過去に凍結された方の行動を元に解説します。
ブックメーカー投資を始めたばかりだから注意しなきゃ。

オッズが低い試合ばかり賭ける&勝ち続けている

明らかな実力差で、払い戻しが極小な試合にばかり賭けていると、目をつけられやすいと言われています。

特に注意が必要なパターンは、払い戻しの倍率1.01前後の選手(チーム)にばかりベットしている方です。

賭けるリスクに対して利益率があまりにも低いので、「マネーロンダリングをしているのではないか」と疑われる場合があります。

マネーロンダリングって何?

マネーロンダリングは、違法行為から獲得したお金を様々な口座に移動させ、お金の出どころをわからなくする行為のこと。オッズが低くても当たれば『ブックメーカーで増やした』と言い訳できちゃうから危険視されるってことね

そもそも、ブックメーカーはハズレた場合、賭けたお金は0円になっちゃうリスクがあるからオッズが1.1倍以下の試合へのベットはおすすめしません。

また、1.01倍以下の超低オッズは、ほぼ勝ちが決まっているようなモノ。そこに、超高額で賭けしてコツコツ儲けられても、bet365側は何も嬉しくないので頻繁に賭けることは裂けましょう。

本人の確認書類を提出していない

本人確認が未完了の場合利用が制限される場合があります。bet365では、登録した日から14日以内に次の2種類の書類を提出しなければなりません。

本人確認のステップ
  1. ステップ1:本人確認に必要な顔写真付き身分証
  2. ステップ2:登録した住所を証明できる書類、または認証コード付き郵便を受け取る

2つのステップをクリアしていないまま14日過ぎてしまうと、利用制限がかかります。
書類を提出して本人確認が完了すれば、制限は解除されます。

bet365の本人確認の簡単な提出方法|画像付きでわかりやすく解説bet365の本人確認は 登録後2週間以内に本人確認の提出が必要 2つの書類を提出する 手続きは簡単 ...

ディレイベットを疑われている

ディレイベットとはbet365の映像とTV映像、現地観戦でのディレイ(遅れ)の時差を使ったベットで利益を上げ続ける行為のことです。サーバーが不安定になると実際の中継とインターネットの時差が生じます。この隙間を狙った

野球の場合はホームランになった瞬間、サッカーの倍はファールになった瞬間など展開が変わるポイントを狙った賭け方をすると、ディレイベットを疑われ規制されることがあります。

アービトラージベットを疑われている

アービトラージは裁定取引ともよばれる取引の方法です。ブックメーカーに限らず、投資の方法のひとつです。ブックメーカーにもアービトラージを利用したベット方法が存在します。

アービトラージベットとはひとつの試合に対して複数ブックメーカーを利用して賭けることで、最終的な勝敗に関係なく利益が出るような割合でベットする方法です。

通常ブックメーカーは「どっちに賭けてもユーザーが勝つ」オッズは提供しません。しかし、複数のブックメーカーを利用してオッズが変わるタイミングを見計らえば隙をついてアービトラージを行うことも可能です。

アービトラージは「ブックメーカーが必ず負ける」賭け方なので、アカウント規制・凍結の対象になります。

アービトラージを疑われるような賭け方とは、15,989円など端数が出る数字で賭けることです。

このような微妙な端数でベットを多用していると、bet365側は「何か不正をしようとしているのでは?」と考えるわけです。

本人名義以外のカードで登録する

bet365での入金方法は3つです。

  • クレジットカード
  • アストロペイ
  • デビットカード
    ※Web Moneyカードからの入金は2020年〜使用不可となりました。

bet365では、登録するカードの名義と本人確認書類が同じでなくてはいけません。

他人名義のカードからの入金は規約違反にあたるため非常に危険です。

家族でもダメってことか。
盗んだカードの可能性もあるから、たしかに危険だもんね。
ちゃんと自分のカードで支払います!

大金を稼ぎすぎている・賭けている

賭ける金額や獲得する金額が20万円以上のような大金のベット・獲得を連続して行うと「ギャンブル依存性の傾向がある」と判断され目をつけられやすいです。

また、凍結には至らなくても、賭ける金額に規制がかかってしまう場合もあります。

1度、規制がかかると賭けられる金額が数百円だけになってしまうため、増やせる金額も少額になってしまいます。

投資としての利用であれば、賭ける金額も慎重に選びましょう。
1度に稼ぎすぎると危険ってことですね!

複数アカウントを所持

複数のアカウント所持は違反行為とされています。

判明すると凍結されやすいので、非常に危険です。

アカウントにログインできなくて、やむを得ず別のアカウントを作成した場合はどうなりますか?
一先ずブックメーカー投資の手を止めて、元のアカウントを閉鎖してもらうように運営に連絡しましょう。

内容を理解しないままのアンケート回答

bet365の利用時間が長くなると、アンケートに回答してほしいという表示が出てきます。

bet365ではランダムに、アンケートの回答を求められる場合があります。

質問は8つ。下の画像の質問が来ることが多いです。

このアンケートに回答しないとベットすることができないので、必ず回答しましょう。

賭ける回数や的中回数が多いユーザーほどアンケートへの回答を求められる可能性が高いと言われています。

アンケートは英語で記載されており、内容がわからないからと適当な回答は厳禁です。

回答の内容次第ですが、最悪の場合「ギャンブル依存症」だと判断されてアカウントが凍結される可能性があります。

bet365のアンケートって英語ですよね?私、英語が苦手で…わからないんですけど…
アンケートの答え方については最新の注意が必要です。別ページで詳しく解説しています。
bet365から送られてくるアンケートの答え方について徹底解説【超重要】bet365では勝ち続けていると送られて来るメールがあります。 それが『ギャンブル依存症に関するアンケート(Self-Assess...

bet365からベット規制やアカウント凍結されないための対処法

ブックメーカー投資でアカウントが凍結されてしまうと、元に戻すことはほぼ不可能と言われています。

これからも投資として利用するためには凍結されないよう事前に対策をすることが重要です。ここからは凍結されないための対策をご紹介します。

トウシくん
トウシくん
凍結されてからでは取り返しがつかないので、予備知識として頭に入れておきましょう!

毎回一定の金額をベットする

bet365が最も危惧していることは、「ギャンブル依存症ユーザーの増加」です。

運営側はユーザーが生活に支障を来すほどのお金をベットして、生活に支障をきたさないよう日々監視をしています。

生活困難になるほどのギャンブル依存症のユーザーが増えれば、bet365をはじめブックメーカーサイトは社会的にも危険な存在とみなされ存続ができなくなってしまうからです。

 

運営側としては、『この試合は絶対にコッチが勝つから、賭け金を多くつぎ込んじゃおう!』のような毎回賭ける金額の変動が激しいユーザーは「ギャンブル依存症」のリスクが高いため排除したい訳です。

ブクメちゃん
ブクメちゃん
どんな行動がギャンブル依存症だと疑われるやすいですか?
トウシくん
トウシくん
「もっと稼ぎたいから今回はいつもの20倍のお金を賭ける」「ハズレたからベットする回数を増やしすぎる」悪化すると生活費もつぎ込んで、ブックメーカーでお金を稼ごうとするから本当に危険だよ

毎回一定の金額をベットして1回で大金を稼ぐのではなく、地道にコツコツ積み上げていくように利用するよう心がけましょう。

1回で20万以上の利益の獲得をしない

多くの金額を稼ぐ人は運営に目をつけられ、凍結の可能性が高いです。

その理由は、1回で20万円以上も稼ぐ人が多くなる・20万円以上の利益を頻繁に稼がれては「ギャンブル依存症」を助長する可能性があるからです。

ブックメーカーを投資として利用するのであれば、地道にコツコツ資金を増やしていきましょう。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
目安は「払戻金は1回のベットで10万円以内」「払い戻し金額は賭けた金額の1.1~1.5倍圏内」が安全と言われています。 

月の利益は99万以下にする

bet365は世界中で利用されているからこそ、お金のストックは凄まじいことでしょう。

しかし、高額な稼ぎを出すユーザーが多くなれば、それだけ出金される金額も大きくなるので運営側としては軽視できない存在です。

その利益の目安となる金額が99万円/月と言われています。

トウシくん
トウシくん
資金を増やして1回に賭けられる金額が大きくなったとしても、1ヶ月の稼ぎは多くても90万円台までに調整して利用しましょう。
ブクメちゃん
ブクメちゃん
稼ぎすぎは運営側にとっても痛手だから危険ってことか。

お金の出金は頻繁に行わない

頻繁に貯まった金額を出金すると、「ギャンブル依存性の可能性が高い」「マネーロンダリングをしているのではないか」と判断されやすいです。

早くても2ヶ月に1回程度の頻度が良いとされています。
月に1回でも高頻度とみなされやすいです。

また、出金するたびに手数料もかかってしまいます。
少しでも損をしないためにも余計な出金は控えましょう。

トウシくん
トウシくん
bet365の出金上限金額は400万円、最低出金金額は6,000円から可能です。

ギャンブル依存症を疑われないことが重要

ブックメーカーでは一度アカウントが凍結されると復帰はほぼ不可能。

ギャンブル依存症や犯罪をにおわせるような行為は危険視されやすいです。

意識すべきポイントは2つ

  • 稼ぎすぎない
  • 時間をかけて少しずつ賭ける金額を増やす

投資として利用している我々も、ブックメーカーサイトが存続し続けてもらわないと困りますよね?

社会的に生活に支障を及ぼす危険な存在として認知されてしまえば、サイトも閉鎖せざるを得ません。

bet365をはじめブックメーカーサイトが健全なサービスとして利用し続けられるようすること。それが、アカウント凍結を予防するための対策です。

ブクメちゃん
ブクメちゃん
ブックメーカーは、世間一般的には娯楽の一貫。ギャンブル依存症にならないためにも知れて良かったです!

bet365の規制と凍結のまとめ

bet365のベット規制、アカウント凍結の原因と回避方法を解説しました。スポーツベッティングはあくまでエンターテインメントとして楽しむもの。悪事や不正を行えば規制されるのは当然です。

bet365の規制や凍結について
  • bet365には規制や凍結できる権利が利用規約に書かれている
  • 不正を疑われる行為をすると規制にあう可能性がある
  • 規制や凍結を100%回避することは不可能であるが対策は可能

 

ブクメちゃん
ブクメちゃん
私は規制に引っかかりそうな点はないかなぁ。
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
普通に賭けてる分には気にすることはないよ。私も今まで規制にかかったことはありません。
トウシくん
トウシくん
規制を100%回避することは不可能なので、僕はブックメーカーは分散して使うようにしています。ブックメーカーを複数登録すると、同じ試合に賭ける場合でもオッズの高い方を選べる点がメリットですよ。