プロ野球セリーグ 阪神タイガースvs中日ドラゴンズ

 

プロ野球セリーグ、阪神タイガース(4位)vs中日ドラゴンズ(5位)の一戦が、2019年8月1日に阪神甲子園球場にて開催されます。

 

今シーズン17度目の対戦となるこのカードは、5勝11敗で中日ドラゴンズが大きく勝ち越しています。また3連戦の最終戦となりますが、ここまで1勝1敗となっています。この試合の予告先発は阪神タイガースが藤波晋太郎投手、中日ドラゴンズがロメロ投手と発表されています。

 

それでは、この対戦での勝利予想オッズを、ブックメーカーから見てみましょう。

 

ブックメーカー:bet365

 

 

 

オッズを見てみると、阪神タイガースの勝利が2.10、中日ドラゴンズの勝利が1.66となっています。

 

阪神タイガースは、3位広島東洋カープとのゲーム差が3.5ゲームとなっており、まずは借金4を返したいところです。この試合では今季初登板となる藤波晋太郎投手が、満を持して先発します。二軍では中日ドラゴンズを相手に7月26日の登板で6回2失点、そして四死球ゼロという結果を残しており、今シーズン初の一軍昇格を果たしています。かつて甲子園を湧かせた藤波晋太郎も、プロ7年目と中堅の域に達しました。ここ数年は好不調の波に苦しんでおり、復活を遂げる為にも非常に大事な一戦となります。そして藤波晋太郎を盛り上げるべく、野手全員の奮起が期待されます。

 

対する中日ドラゴンズは、4連敗の後に連勝といきたいところでしたが、一進一退を繰り返しています。4位阪神タイガースとのゲーム差は2.5となっており、まだまだAクラス入りには程遠い状態が続いています。この試合の注目選手は大島洋平外野手です。藤波晋太郎投手を相手に通算打率.333と相性が良く、セリーグ打率4位(チーム2位)の.313と結果を残しています。今シーズンはまだホームランを打っておらず、不動の2番打者の一発に期待が掛かります。

 

この試合は、中日ドラゴンズの勝利と予想するのが妥当でしょう。