提出書類の住所とbet365登録住所が違う

提出書類の住所とbet365登録住所が違う

bet365に登録した際に記入した住所と、提出書類の住所が異なるケースでは、次のメールが送られてくると報告が上がっています。

 

翻訳サイトを使って、住所の英語表記を再確認してください。

 

送られてきたメールへの返信で、次の例文と一緒に住所が英語表記となっているURLを付けて送ってみてください。

 

もちろん、住所が記載された書類も添付してくださいね!

 

件名: KYC Document - step2
本文:
Hi,Thank you for the checking.
However, both addresses are the same.
(Registered address and Submitted address)

 

I sent a link.

 

Please check the correct reading of my address.

 

,XXXX(例 “Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo”)

 

https://XXXX(翻訳した住所のURLを貼る場所)

 

I hope that you can confirm the address by the link.Thanks,

 

Username: XXXX
4Digit Number: XXXX

 

 

訳:ご確認いただきありがとうございます。
しかし、どちらの住所も同じです。
(登録した住所と提出した住所)

 

リンクを送りました。
私の住所の正しい読み方をご確認ください。

 

私の登録住所と提出住所は同じです。
以下のリンクは私の住所の正しい読み方です、XXXX(例“東京都渋谷区渋谷”)

 

https://XXXX(住所の翻訳済みURLを貼り付け)
こちらのリンクで住所が確認できれば幸いです。

 

よろしくお願いします。

 

ユーザーネーム: XXXX
4桁の暗証番号: XXXX

 

※XXXX部分は、あなたのユーザーネーム・4Digit Numberを記載します

 

住所の英語表記をメールで伝えたいという方も、お気軽にご相談ください。