【期間限定】無料で7000円もらえるキャンペーン!!

>bet365の特別ボーナスを受け取る<

ダンロップフェニックス2019

 

日本プロゴルフツアー、ダンロップフェニックスが、2019年11月21日から24日にかけて、宮崎県宮崎市にあるフェニックスカントリークラブにて開催されます。

 

ダンロップフェニックスは1974年に創設され、今年で45回目を迎える歴史のある大会です。また、この大会は主催者推薦でPGAツアーの有名選手を招待する事でも知られており、今年はゲーリー・ウッドランド(アメリカ/世界ランキング14位)、コリン・モリカワ(アメリカ/同71位)らが出場します。また、PGAツアーで活躍する松山英樹(同20位)も主催者推薦で出場します。

 

それでは、ダンロップフェニックスの優勝者オッズを、ブックメーカーから見てみましょう。

 

ブックメーカー:bet365

 

オッズを見てみると、松山英樹が4.50でトップとなっており、ゲーリー・ウッドランドが5.50、コリン・モリカワが8.00、今平周吾(同45位)が12.00、キャメロン・チャンプ(アメリカ/同81位)が13.00、ジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ/同59位)が17.00、ショーン・ノリス(南アフリカ/同90位)が21.00となっています。

 

日本プロゴルフツアーも残り3戦となりました。賞金王争いでは1位の今平周吾が前週に行われた三井住友VISA太平洋マスターズで36位タイと振るわず、2位に入ったショーン・ノリスが4,000万円を獲得し(優勝した金谷拓実/同820位がアマチュアの為)、約700万円というところまで肉薄しています。このダンロップフェニックスも優勝賞金が4,000万円の大会である為、賞金王争いはまだまだ分かりません。この大会での注目選手は松山英樹です。今シーズンで日本での大会はZOZO CHAMPIONSHIPに続いて2大会目となり、ZOZO CHAMPIONSHIPでは2位に入り、賞金約1億円を獲得しています。ダンロップフェニックスには昨年も出場しており、その際は44位タイと振るわなかった為、久々の日本での優勝に向けた戦いが始まろうとしています。しかし、トップ杯東海クラシックで涙の優勝を果たしたショーン・ノリスが追い上げ、2011年のベ・サンムン以来の外国人賞金王を射程圏内としています。

 

この大会は、ショーン・ノリスの優勝と予想してみましょう。