【期間限定】無料で7000円もらえるキャンペーン!!

>bet365の特別ボーナスを受け取る<

ワールドボクシング・スーパーシリーズ決勝 井上尚弥vsノニト・ドネア

 

ワールドボクシング・スーパーシリーズ バンタム級決勝、井上尚弥(大橋ジム)vsノニト・ドネア(フィリピン)の一戦が、2019年11月7日にさいたまスーパーアリーナにて開催されます。

 

ワールドボクシング・スーパーシリーズ開催に当たっては、常に金銭問題が付きまとっており、今年8月に入り開催が危ぶまれた時期がありましたが、主催者側で何とか歩み寄り、開催にこぎ着けました。恐らく次回以降は開催されない可能性が高いと言われています。

 

それでは、この対戦での勝利予想オッズを、ブックメーカーから見てみましょう。

 

ブックメーカー:bet365

 

 

オッズを見てみると、井上尚弥の勝利が1.14、ノニト・ドネアの勝利が5.50と、井上尚弥が非常に有利である事が分かります。

 

井上尚弥はプロデビューから僅か6戦で世界チャンピオンとなり、これまで18戦全勝(16KO、2判定)という素晴らしい成績を残しています。このワールドボクシング・スーパーシリーズでも、横浜アリーナで行われた決勝トーナメント1回戦では、ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ)を1R1分10秒でKO勝ち、イギリス・グラスゴーで行われた準決勝では、エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を相手に2R1分19秒でKO勝ちしています。バンタム級では向かうところ敵無しとも言われており、この一戦でも井上尚弥の勝利を確信するファンが多いと言われています。

 

対戦相手のノニト・ドネアは井上尚弥よりも10歳年上の36歳で、アジアで初の主要4団体世界王者(WBA・WBC・IBF・WBO)となった選手です。45戦40勝(26KO)5敗という成績を残している、フィリピンの英雄です。デビューから約20年が経とうとしていますが、強烈な左フックは衰えを知らず、井上尚弥も気をつけなければなりません。ノニト・ドネアはかつて2012年にWBO防衛戦で日本人選手と1回だけ対戦しており、西岡利晃(帝拳ジム)を相手にTKO勝ちを収めています。

 

この試合は、井上尚弥のTKO勝ちと予想します。