【期間限定】無料で7000円もらえるキャンペーン!!

>bet365の特別ボーナスを受け取る<

プレミア12 グループB 日本vsプエルトリコ

 

プレミア12 グループB、日本vsプエルトリコの一戦が、現地時間2019年11月6日に台湾の台中・桃園で開催されます。

 

プレミア12は4年ごとに開催される大会で、WBSC(世界野球ソフトボール連盟)世界ランキングの上位12カ国のチームが対戦します。今回の大会が、第2回の開催となります。プレミア12では、12チームが3つのグループに分かれ、グループA(アメリカ/メキシコ/オランダ/ドミニカ)はメキシコ、グループBは台湾、グループC(韓国/キューバ/オーストラリア/カナダ)は韓国で対戦します。各グループの上位2チームが出場するスーパーラウンド以降は、決勝戦まで日本の東京ドームで開催されます。
日本はグループBに入っており、チャイニーズタイペイ、ベネズエラ、プエルトリコと同じ組となりました。

 

それでは、この対戦での勝利予想オッズを、ブックメーカーから見てみましょう。

 

ブックメーカー: bet365

 

 

オッズを見てみると、日本の勝利が1.11、プエルトリコの勝利が6.50となっています。オッズ上では日本が圧倒しています。

 

日本は壮行試合となった侍ジャパンシリーズのカナダ戦に敗れるなど、プレミア12開幕前はあまり良くない雰囲気となりましたが、その流れは第1戦のベネズエラ戦も続いており、大苦戦の末に8-4でなんとか勝利を得ています。頼りの坂本勇人内野手が2三振と振るわず、打線の組み替えも考えられるでしょう。この試合の注目選手は菊池涼介内野手です。第1戦のベネズエラ戦では2塁打を含めて猛打賞を記録しており、打線が停滞気味の日本にとって、火付け役として期待が掛かります。

 

対するプエルトリコは第1戦のチャイニーズタイペイ戦ではジャン・シャオチン投手の前に6回1得点と打線が振るわず、また守備の乱れによる大量失点で敗れています。3安打に抑えられましたが、メキシコリーグで42本塁打を放っている、4番を担うオルティズ外野手の一発に期待が掛かります。

 

この試合は、日本の勝利と予想するのが妥当でしょう。