【期間限定】無料で7000円もらえる!!

>bet365の特別ボーナスを受け取る<

bet365の企業理念と戦略について

bet365

bet365の企業が掲げている理念と戦略について詳しく紹介します。

 

bet365のテクノロジー戦略

bet365を、会社設立後わずか数年でギャンブル業界のリーダーに押し上げたのが、同社が誇るIT(情報技術)です。

 

その後も、bet365は常に新しいテクノロジーの開発に取り組んでいます。

 

bet365のテクノロジー戦略を、会社設立時までさかのぼってご紹介しましょう。

 

インターネットの誕生

インターネットが生まれたのは、1969年10月29日です。この日、インターネットの元型であるARPAnetで、初めての通信が行われました。

 

それから26年後。1995年に発売されたWindows95は、インターネット通信機能を持ち、マウスによる直感的な操作が可能であったため、個人によるインターネット利用が爆発的に普及しました。

 

インターネットとギャンブルの相性は非常に良く、1990年代後半には、すでにオンラインブックメーカーが乱立しました。

 

2000年。bet365が設立されたのは、このような状況下です。

 

bet365はオンラインブックメーカーとしては目新しい存在ではなかったのですが、口座開設ボーナスなどの豊富なプロモーションで脚光を浴びることになります。

 

HILLSIDE (TECHNOLOGY) LIMITEDの設立

bet365は、HILLSIDE (TECHNOLOGY) LIMITEDという、テクノロジー専門のグループ会社を所有しています。

 

別会社としたのは、よりシビアな技術開発とコスト管理を行うためです。

 

HILLSIDE (TECHNOLOGY)は、現在、bet365のオンラインギャンブルのグローバルハブに、ソフトウェアとインフラストラクチャを提供しています。

 

そして、世界中のスポーツ団体とゲーム運営組織と協力して、bet365のサービスを改善し、ギャンブル業界を革新するような新しいサービスを生み出しています。

 

ソフトウェア開発部門

すべての製品を開発・テスト・保守するために専門化されたチームです。

 

インフラストラクチャ部門

製品がグローバル規模で正常に機能するためのネットワークとインフラストラクチャ構築の使命を負ったチームです。

 

プロジェクトデリバリー部門

毎日数百万人ものアクティブユーザーをサポートすると同時に、将来的に同社のビジネスを守り続けるためには、競合他社を圧倒する技術力が必要となります。

 

常に最新の技術が求められています。

 

技術デリバリーに特化された、全社の旗振り役的なチームです。

 

以上、新製品の着想から実装までを、高度なスキルを持つチームが担当して初めて、最高度の品質の製品パッケージをユーザーに提供することが可能になります。

 

bet365技術大学院

bet365本社のあるストーク・オン・トレントとマンチェスターでは、技術大学院プログラムが開講されています。

 

両都市は、いまやオンラインギャンブル業界の技術開発のメッカとなっりました。

 

スポーツ試合のストリーミング配信やリアルタイムベット、ゲーム業界のイノベーションには、高度な技術的基盤が不可欠です。

 

技術大学院プログラムの卒業生は、bet365での就業初日からビッグプロジェクトへの参加が約束されています。

 

プロジェクトは、不可能に挑戦するような困難でやりがいのあるもので、若きエンジニアたちが切磋琢磨しています。

 

入社後のキャリアパスは、
・ソフトウェア開発
・DevOps
・プラットフォーム提供
・ITサービス
・コンプライアンス
・プロジェクトの実行

 

と豊富で、幅広く優秀な人材をひきつけています。

 

bet365のメディア戦略

bet365のメディア戦略には、「自社ドメインのサイト」と「SNS」の2本の柱があります。

 

bet365のSNSアカウントは、Twitter、Facebook、Instagramで、合計200万人のフォロワーがいます。

 

SNSの記事をフォロワーに拡散してもらい、潜在的な顧客を自社ドメインに誘導するという流れは、他の業界と同じです。

 

SNSは自社から情報を一方的に提供するだけでなく、サービスに関する顧客のナマの意見も吸い上げるという、双方向の役割を担っています。

 

bet365のメディアチーム

bet365はオンラインブックメーカーなので、その自社ドメインはショーウィンドウに当たります。

 

なので、どんな業界と比べても遜色のない最高クラスの品質を目指しています。

 

サイトデザインは『スポーツイベント』と『動画』をメインにしたつくりで、20言語対応のストリーミング配信、顧客との双方向のコミュニケーション、さらに「節度のある利用」のアピールも行っています。

 

ユーザーが「節度のある利用」を実現するためのツールを紹介しているのは、bet365がギャンブルサイトとしての社会的責任を重く受けとめていることのあらわれです。

 

SNSでは、主に「今夜のビッグマッチ」の告知が行われます。

 

ビッグマッチは観戦するだけでもワクワクするのに、勝負の予想にお金を賭ければ楽しさ10倍です。

 

メディアからのインサイト

インサイトとは、「洞察力」や「物事を見抜く力」のことで、マーケティングの世界では、『消費者の本質的なニーズを見抜く力』を指します。

 

bet365は、自社ドメインとSNSにおける顧客とのコミュニケーションにおいて『インサイト』を発揮し、サービスの開発と向上に活かしています。

 

インサイトの発揮はチームによって行われ、チームメンバーに対するトレーニングも行われています。

 

「三人寄れば文殊の知恵」のたとえのように、新しいアイデアやコンテンツを生み出すには、個人プレーよりも複数人の「雑想」が適しているのです。

 

bet365のメディア戦略は、24時間365日の日常業務をスピード感を持ってこなしながらも、じっくりと大局的なインサイトを発揮し、サービスの革新も目指すという二面性を持っています。

 

「アリの目」と「タカの目」の使い分け。

 

これは、どんな仕事にも必要なことかもしれませんね。

 

bet365のオペレーション戦略

オペレーションとは、「現場」を回すことです。

 

よって、オペレーション戦略とは、いかに現場を上手く回すか、その方略ということになります。

 

bet365は、オンラインブックメーカーなので、オンラインサービスでのカスタマーサポートがメインの現場となります。

 

bet365は、いったいどのような現場の回し方をしているのでしょうか?

 

顧客第一主義

オペレーションは、毎日の営みです。

 

bet365の従業員16,000人が日々繰り返すことなので、「ちりも積もれば山となる」の原理で、競合他社に対する競争力の源となります。

 

bet365がオペレーションにおいて最も重視しているのが、顧客の利益です。

 

カスタマサービス部門

24時間365日体制で、個人認証や入出金など、顧客がオンラインサイトで最高の体験ができるようサポートします。

 

テクニカルサポート部門

顧客の技術的な疑問をできる限り迅速に解消します。

 

トレーニング部門

新人・現職のスタッフ全員にトレーニングを行うことで、最高レベルの業務スキルを付与します。

 

レスポンシブルギャンブリング部門

「節度のあるギャンブル」のポリシーにしたがって、すべての顧客がサインアップした瞬間から安全にギャンブルを行えるよう、確認とインストラクションを行います。

 

いずれの部門も、究極の目的は、お客様が世界最高水準の体験ができるようサポートすることです。

 

bet365オペレーション大学院

本社のあるストーク・オン・トレントでは、オペレーション大学院のプログラムが開講されています。

 

このプログラムでは、従業員がOJT形式で、18ヶ月にわたるトレーニングに参加します。

 

さまざまな部門とローテーションを経験し、ビジネスの多様な側面について学びながら、社内外に広範なネットワークを形成していきます。

 

その目的は、従業員の潜在力を最大限に引き出すことです。

 

オンラインブックメーカーという、過酷なグローバル競争にさらされた業界で勝ち抜くためには、訓練・計画立案・進捗会議といった場を通じた、従業員相互の研鑽が不可欠なのです。

 

オペレーション部門のキャリアパスは、
・カスタマーサービス
・入出金/個人認証
・不正とリスク
・テクニカルサポート
・コンプライアンス

 

と豊富で、同僚同士がお互いのキャリアアップを助け合う、理想的な組織風土が形成されています。なかには「自分の天職を見つけた」と語る従業員もいます。

 

また、オペレーション能率が停滞しないよう、会社の競争力を高めるような改善提案に対しては、ボーナスが与えられます。

 

さらに、大学生のインターンシップ制度の導入により、ユーザーフレンドリーな資質を持つ学生の採用や、bet365オペレーション大学院への移行をよりスムーズにしています。

 

インターンシップにより、オンラインブックメーカーの仕事に「生きがい」を感じる学生を採用することは、会社にとっても学生にとってもメリットのあることです。

 

顧客とのタッチポイントとなるオペレーションは、オンラインブックメーカーのかなめです。

 

18ヵ月にもわたるトレーニングプログラムにも、bet365の意気込みを感じますね。